農機具を使用する時の注意点と処分方法|買取業者に引き取ってもらう

花

雑草の習性と対策

畑で野菜を作る人にとって、雑草対策は共通の悩みとなっています。雑草は野菜よりも早く生長し、繁殖力や再生力も非常に強いものです。これらの厄介な植物から畑を守って野菜を育てていくためにも草刈り作業は欠かせません。昔ながらの草刈り鎌の他、最近では草刈機も普及しています。

More...

芝を刈る機械

トラクター

種類がいろいろある

芝刈りを行なう時には農機具があると便利ですが、農機具といってもいろんな種類があります。まず、電動式とエンジン式に分けられます。電動式にはバッテリ式と交流式があり、バッテリ式は電源コードがない充電式になります。交流式というのはコードがあって、コンセントなど電力元が必要になるので電源コードがあります。エンジン式にはエンジンがついていますが、芝刈り機の形が背負式と桿式があります。背負式はその名の通り、エンジン部分を背負う形になっています。桿式は真っ直ぐな棒状で、下になる端には芝を刈る刃がついており、上になる端にエンジンがついています。桿式はハンドルの種類もいろいろあるので、どこで芝刈りを行なうかによってどれを購入するかを考えると良いと思います。

注意と点検はとても大事

芝刈り機を所有する上で最も気を付けたいことは、使用方法です。芝を刈る道具として刃がついているので、自分や他人が怪我をしないためにも使い方には十分に注意する必要があります。服装は裾がしまっていて作業しやすいものを着用し、念のために透明なゴーグルメガネをします。靴も、作業しやすいものにします。一番大事なことは、芝刈りを行なう前の芝刈り機の点検です。損傷がないか、刃の回転部のネジなどはゆるんでいないかを確認します。また、刃を付け替える時にはメーカーが指定している純正品を使用し、必ずエンジンが止まっていることを確認します。作業を開始する時には障害物となるものを取り除き、周囲15メートル以内に人がいないようにします。

専門店を利用する

農機具の処分に困っている人は、農機具専門で買取を行なっている業者に売ることが出来ます。買取業者に売ることで、処分代も必要ないですし、逆に高く買取ってもらう可能性があります。

芝刈り代行サービスの利用

芝生の手入れには定期的な芝刈り作業が欠かせませんが、手動式や電動式の芝刈り機はエンジン式と比べて作業効率が落ちます。広い庭の芝刈り作業は大変ですし、作業後のサッチ除去や機械の手入れも面倒です。そんなときは芝刈りの代行サービスを利用すると楽ができる上に、仕上がりもきれいになります。

More...

きれいな庭を保つため

芝生を美しく保つためには日ごろの手入れが重要になってきます。何も手入れを行なわないでいると5年もすると、生育が衰えてきます。土中の根の発育を促すために土中に穴をあけて、芝生の生育を促してやる方法もあります。ガーデニングの業者に依頼すれば仕上がりも美しく、助言もしてもらえます。

More...